ケイランドの登山教室

初めて山に登る初心者の方から中級者の方向けへの登山教室を開催しております
座学とアウトドアを組み合わせ「観天望気」「地図読み」や「コンパス・GPS・スマホアプリの使い方」から「歩き方」や「筋肉の使い方」「ファーストエイド」までプロ登山ガイドや専門家が解説します
登山ツアーに参加される方やもちろんそうでない方も安全登山や登山技術のステップアップとして是非受講してみてください

初心者向け歩き方教室

登山初心者向け歩き方教室です
疲れない歩き方・スリップしない歩き方などお教えします
摂津本山駅から保久良神社・風吹き岩・七曲・六甲最高峰(931m)を経由して有馬温泉まで歩きます
ハイキングスタイルでお越しください。

六甲山登山日程  料金4,800円  摂津本山駅 9:00集合  有馬温泉解散
2017年12月12日(火)
2018年1月17日(水)
2018年2月9日(金)
2018年3月7日(水)

お申し込みはこちらから

各種登山教室(歩行技術・読図とコンパス・ロープワーク・雪山講習)

講習の実施場所に関しては原則比良山系ですが参加者一人の場合はロープワーク講習以外は六甲山で行います。

◎歩行技術講習の内容です。
実施日
2017年11月28日(火)
2017年12月7日 (木)
2018年2月9日(金)
2018年3月7日(水)

時間:10:00~15:00

場所:比良山

集合場所:10:00 葛川支所駐車場

解散場所:15:00 葛川支所駐車場

※先着7名様・堅田駅東側バスロータリー発着に限り無料送迎付

(8:30堅田駅出発・16:00頃堅田駅到着予定)

参加料金:7,000円(税込)

※参加料金には保険料が含まれています。

募集人数:7名

最小遂行人数:2名

講習内容:登山技術の基本中の基本である歩行技術である『静荷重・静移動』の基本を学んで頂きます。

正しい歩き方が出来れば疲れ方にも大きく違いが出ます。

また、登山は歩き易い道ばかりではありません。

岩場や傾斜のきつい斜面を通過しないといけない場面もあるでしょう!

その際、身体の動かし方一つで安全性が高まります。

基本中の基本となる技術を一緒に学びましょう(^_-)-☆

初心者の方には納得!ベテランさんには新鮮に学んで頂けるかと思います。

◎読図とコンパスの内容です。
実施日
2017年11月29日(水)
2017年12月12日(火)
2018年2月26日(月)
2018年3月9日(金)

時間:9:00~15:00

場所:比良山

集合場所:8:30 イン谷登山口バス停前

解散場所:15:00 イン谷登山口バス停前

※先着7名様・比良駅北側ロータリー発着に限り無料送迎付

(8:00比良駅出発・15:30頃比良駅到着予定)

参加料金:7,000円(税込)

※参加料金には保険料が含まれています。

募集人数:7名

最小遂行人数:2名

講習内容:実は多くの登山者が苦手で不安を持っているのが地図読みです。

山岳遭難の40%以上が道迷いである事が物語っています。

逆に言えばその道迷いをしなくなれば山で遭難に遭うリスクが半分程は減るという事になります!

しかし、多くの登山者に読図技術が身に付かないのか?

簡単な理由で『地形図を読み解くのが意外に難しい』からですよねぇ~

現在は主流になっていて手軽に利用できるスマホのGPSアプリを使えば簡単に現在地を知る事は出きる。

但し、谷や沢筋では衛星の捕捉が乱れる事が多くポイントが大きくずれてしまうし、そもそもぴったりピンポイントを表示してくれる訳ではなく、あくまで凡その現在地だという事。

加えて地形図と照らし合わせる事でより正確な現在地を確認する事ができるので地形図とコンパスを使った読図技術は登山において非常に重要な項目です。

今回は理屈的には机上講習でも可能ではありますが実際のフィールドで参加者様皆さんにナビゲーター役を交代してもらったりしなが地形図とコンパスを自然に使いこなす事が出来るようになって頂く事が目的の『地図読み山行』です。

【予定コース】

イン谷口→ワンゲル道→釈迦が岳→北比良峠→ダケ道→イン谷口

※お客様の体力と視界の状況等で北比良峠からのルートはガイド判断で変更するかもしれません。

【装備】

通常の日帰り装備に地図読み山行ですから地形図とコンパスと蛍光ペン等地図に記入できる筆記具を必ずご持参ください。

(レインウェア・地図・コンパス・ヘッドライト・非常食・ツェルト等)

※読図で使用しますので1/25000の地形図をご用意ください。1/50000の概念図ではありませんのでご注意下さい。

※国土地理院の1/25000地形図『北小松』『比良山』を最寄りの書店等でお買求め下さい。

※ご自宅のプリンターを利用して地理院地図から必要な部分をプリントアウトする事も可能です。

◎ロープワーク講習の内容です。
実施日
2017年12月1日(金)
2017年12月5日(火)
2018年1月17日(水)
2018年3月5日(月)

時間:9:00~15:00

場所:比良山

集合場所:9:00 葛川支所駐車場

解散場所:15:00 葛川支所駐車場

※先着7名様・堅田駅東側バスロータリー発着に限り無料送迎付

(7:30堅田駅出発・16:00頃堅田駅到着予定)

参加料金:9,000円(税込)

※参加料金には保険料が含まれています。

募集人数:7名

最小遂行人数:2名

講習内容:登山は景色の良い延々と続く稜線を気持ちよく歩くだけではありません。

時には岩稜帯や沢筋など足場が脆く今にも崩れそうな急斜面など一般登山であっても時には危険な場所を通過しないと仕方がない場合があります。

そのうような場面に遭遇した時に、補助ロープと最低限のクライミングで使用する道具のみで危険場所を安全に通過する事が出来る方法と登山をする上で覚えておきたい基本のロープワークをご指導致します。

本格的な岩壁登攀ほどでは無いにせよ、一般登山中であっても予想外の事態に遭遇する事は珍しい事ではありません。

少しのミスで滑り落ちてしまう危険性がある急斜面を安全に通過するにはどうすれば良いか!?

路面が崩落してしまって安定した足場が確保出来ない急斜面の沢筋を如何に安全に通過するにはどうすれば良いか!?

片側が切れ落ちた登山道を通過しないといけない場面に遭遇した時にどうすれば安全に通過する事が出来るのか!?

ご自身が初心者の方や小さいお子さんを連れてリーダー登山を実施中に岩場の鎖や梯子を怖がってしまい動けなくなってしまったら…………あなたはどうやって安全にその場を通過させてあげる事が出来るのか!?

数え出せば切りがありません。

山で役立つロープワークとはフィギアエイトノット、クローブヒッチ、ムンターヒッチ、ボーラインノット、オーバーハンドノットやプルージック等の代表的な結び方の事で、講習では、その結び方から使い分けを指導させてもらったあとに実際にロープを自分に巻いたり樹に巻いて固定したり、スリングを使って簡易ハーネスを作りぶら下ってみたりその際簡易的な確保技術もお伝えします。

将来的には本格的なロッククライミングやレスキュー等にも使える基礎となり登山中にイザという時に知っていると必ず役立つ技術でもあります。

山で役立つロープワークを身に付ける事で登山中の安全は確実に高まります。

自分自身の安全は元より一緒に行動するメンバーの安全を確保出来るように実践ロープワークを是非習得されて下さい!

【予定コース】

坊村から御殿山コースを1時間程登った846P周辺で講習を行います。

※参加者様の体力的状況、現地での状況等鑑みてガイド判断により途中コースを変更する事もございます。

【食事】

各自昼食及び行動食・飲料水(適量)をご用意ください。

【装備】

通常の日帰り装備

(レインウェア・地図・コンパス・ヘッドライト・非常食・ツェルト等)

▣革または合成皮革の指先まであるグローブ

▣大型のHMS型安全環付カラビナ1枚

▣変形D型の安全環付カラビナ2枚

▣カラビナ2枚以上

▣ソウンスリング120cm2本

▣ソウンスリング60cm2本

▣ヘルメット(数に限りがありますがレンタル可能)

▣ソウンスリング150もしくは180cmの幅20mm以上あるソウンスリング

※上記は簡易ハーネスとして使用しますがクライミングハーネスをお持ちの方は

ハーネスをお持ちください。

以上3つの講習項目ですが歩行技術と読図とコンパスは参加者一人でも催行しますが、その場合は全て実施場所は六甲山になります。

集合解散『阪急芦屋川駅改札前広場ベンチ前』時間は比良の時と同じです。

ロープワークに関しては六甲山では適当な樹木が無い為出来ませんので場所は比良のままですが原則2人以上でないと催行しません。

お申し込みはこちらから

◎雪山講習の内容です

実施日
2018年 1月30日(火)
2018年 1月31日(水)

時間:10:00~15:00

場所:稲村ヶ岳

集合場所:10:00 母公堂前駐車場

解散場所:15:00 母公堂前駐車場

※先着7名様・JR大阪駅桜橋駅改札口前発着に限り

無料送迎付(7:00出発・18:00到着予定)

参加料金:12,000円(税込)

※参加料金には保険料が含まれています。

募集人数:7名

最小遂行人数:2名

白銀に光り輝く雪面に足を踏み入れる雪山登山には多くの登山家をのめり込ませてしまう位の圧倒的な魅力があります。

その魅力的な雪山を楽しむ為には知っておきたい知識や覚えておきたい技術がいくつかあります。

その中でも非常に重要なのがアイゼンワークとピッケルワーク、そして雪崩についてです。

アイゼンワークではフラットフッティングやフロントポインティング、スリーオクロック、トラバース等…………

ピッケルワークでは基本的な使い方から初期制動、滑落停止、耐風姿勢等…………

雪崩対策、危急時対策(ビバーク技術)等…………

講習内容としては以上の雪山技術基本3本立てで行います。

一人では、なかなか始めにくい雪山登山を安全に楽しんで頂けるようにしっかり技術的サポート致します。

非常に美しく引き寄せられる雪山ですが、その雪山にも危険が伴うのもまた事実です。

我々が想像するよりも、ずっと危険であると思って間違いありません。

滑落の危険やホワイトアウトによる道迷い、凍傷、低体温症など…………

言い出すと多くの危険があります。

しかし、それらをわかっていても諦めらきれないのも雪山の魅力です。

まずは雪山基本講習で最低限の雪山登山する為の知識と技術を習得して頂き、更には知識、技術的にもステップアップ出来るように講習もステップアップ式で随時お知らせしていきますので是非ご参加下さい。

【講習開催地】

関西近郊で雪山講習が出来る山域としては幾つか数える程しか無く、その年の積雪状況により大きく変化しますので雪山基本講習の開催地は比較的アクセスが良い事を優先し大峰山系の稲村ヶ岳、比良山系の蓬莱山や御殿山下部等を予定しています。

都度、開催地が変化しますので参加される方にはお申込を頂いたあとの確認連絡の際に実施する開催地をお知らせ致します。

【食事】

各自昼食及び行動食・飲料水(サーモス等の魔法瓶にお湯を入れておく事を推奨します)をご用意下さい。

【装備】

▣アイゼン(10本爪以上で前爪のある物に限る)

▣ピッケル

▣ハーネス(簡易ハーネスでもOK)

▣保温力のあるグローブ(防水加工してあるものがベスト)

▣ヘルメット

お申し込みはこちらから