ガッシャブルム8080mは、バルトロ氷河57キロの北東端に位置するカラコルムの山群です。
この山域は、8,000メートル級の登山の開拓地です。
H. De Segogne率いるフランス遠征隊は1936年に最初の試みを行いましたが、6797メートルの高さでCamp Vを超えて登ることはできませんでした。
しかし、1958年、ニッチクリンチ率いるアメリカ遠征隊がガッシャーブルムIの最初の登頂を行いました。ピートシェーニングとアンディカウフマンが最初に山頂に到着しました。
ラインホールドメスナーとピーターヘイベラーは、1975年8月にこの前例のない偉業を達成しました。1975年8月8日彼らは登攀を開始しました。彼らはロープを持参せずく、酸素もありませんでした。 8月10日、彼らは山頂に到達しアルパインスタイルの登山をカラコルムにもたらしました。
ガッシャブルムⅠ峰は、8000メートルのピークの「最も人気のない」山域の1つです。登頂者はまだ200人未満で、8000メートルの登頂リストでは10番目です。
最も死者数が少ない山の1つですが、これはおそらく、難易度が高く豊富な経験を積んだ登山家しかガッシャムルブIに挑戦しないためです

一般的なガッシャブルムⅠ峰登山ルートは、西側を攻撃することです。ここのすべてのルートは、北西面の上部にある「ジャパニーズクーロワール」につながります。
最初の上昇(1958年)は、スパーピークを経由して行われ、その後南東の長い尾根を経由して山頂に到達しました。

 

日程表
1日目 イスラマバード到着 ホテルへ
2日目 登山準備
3日目 飛行機にてスカルドゥへ
4日目 ブリーフィング
5日目 登山準備日
6日目 ジョラへのトレッキング
7日目 パイユへのトレッキング
8日目 パイユの休息日
9日目 ウルドゥカシュへ
10日目 GORO IIへのトレッキング
11日目 SAKRING – GIへのトレッキング。
12日目– 37日目 登山期間 日々の天候を見ながらの高度順応登山を繰返し登頂を目指します
38日目 クルマにてスカルドゥへブ
39日目 関係機関へデブリーフィング
40日目 飛行機にてイスラマバードに戻る
41日目 イスラマバード お別れパーティー
42日目 イスラマバードより日本へ

費用に含まれるもの
6本の酸素ボトル(4Lボトル)
イスラマバード空港送迎
ベースキャンプ到着まで日本人添乗員同行
行程中の宿泊費 イスラマバードの朝食付きホテル トレッキング中の宿泊費と三食(朝・昼・夜)・ソフトドリンク・お湯
イスラマバード~スカルドゥ往復航空運賃
登山許可取得費用・自然公園入園料
シェルパ、日本食コック、ルクラからBC間ポーター
ダイニングテント(ガスヒーター・スマホ充電用太陽光発電)
個別のスリーピングテント(寝袋・マットレス付き)
キッチンテント(1クック&キッチンボーイ)
ホットシャワーテント、洋式トイレテント、
テント、全ての食事
FIXロープ敷設などルート工作費
ハイテント
医療キット
トランシーバー
スタッフ保険
機器の転送

費用に含まれないもの
イスラマバードまでの航空券とパキスタンビザ
イスラマバード滞在中のランチ&ディナー
アルコール飲料・個人的嗜好品・行動食
緊急救助避難を含む旅行保険
個人の医薬品、医療検査、入院費
サミットボーナスUS $ 1500以上
個人用のトレッキングギア
自然災害、地すべり、政治的混乱、ストライキ、道路ブロック、政府規制の変更など、様々な予期せぬ状況から生じる費用
ツアーが予定期間前に終了した場合、または不測の事態により延長された場合、宿泊、食事、交通費等に関連するすべての費用
「価格に含まれるもの」のリストに記載されていないその他すべての項目

個人装備
高所靴
登山靴
トレーナー
サンダル
ハイキングブーツ
ブーツ
ライトソックス
登山用靴下

登山用下着 上下一式
半袖シャツ/Tシャツ
フリース
ダウンスーツ
フード付きダウン断熱ジャケット
ダウンパンツ
防水通気性ジャケット&パンツ

ヘッド&ハンドギア
軽量合成ライナーグローブ
ヘッドランプ 予備電池
ウィンドストッパーフリースグローブ
クライミンググローブ
ライナー付きミトン
ハット
ウールまたはフリースハット
フェイスマスク
マウンテンヘルメット

UVサングラス
ゴーグル

トレッキングポール
ピッケル
クランポン
ハーネス
安全環付カラビナ
ユマール
エイト環
バックパック

高所用寝袋
スリーピングマット

軽量スチール製サーマルボトル
Pボトル

日焼け止め
リップスクリーン
常備薬

どのようなコトでもお気軽に下記フォームにてお問い合わせください

契約の流れ
問い合わせフォーム入力

詳細打合・申込受付

申込金 (登山許可書発行料・現地予約金)

現地へ渡航 空港若しくはホテルへお迎え

現地にて最終決済(USD)

 

諸注意事項
登山許可証発行料金等も登頂できなかった場合でも残念ですが返金されません
K-LAND日本法人は現地手配をしています 主催するものではありません
高所登山は他の公募登山隊とジョイントされる場合があります
行程中の山小屋では相部屋になる場合があります
登山用品一式は現地で購入することも可能です.日本語シェルパ等が現地購入のアテンドも行います.但し用品購入の際は必ずご自身で決済してください
高所登山の死亡事故の多くは高山病によるものです。弊社は一般的なエクスペディションの1.5~2倍の酸素ボンベを支給しお客様の安全を確保します
アルパイン対応の日本語シェルパは少人数です。思い立ったらお早目にご相談ください
登頂成功報酬・チップは弊社見積もりには含みません
日本国内でのトレーニングについてもご相談ください